鋼球の概要

鋼球の概要

鋼球の概要 大陽鋼球軸受株式会社は、昭和35年に事業を開始して以来、玉軸受用鋼球からセラミック球などを一筋に作り続けているエキスパートです。鋼球は自動車などの産業で使用される機械から化粧品の分野まで幅広い産業で使用されています。

取り扱っている製品を紹介します。

様々な産業機械の回転部分への利用に適切で耐荷重・耐摩耗に優れた玉軸受用スチールボール(JIS B1501)、コンベアー・キャスターなどの軽荷重の回転部分への利用に適切な炭素スチールボール、玉軸受用鋼球と同じ規格ですがステンレス鋼を使用しているため、耐摩擦性・耐蝕に優れているのでバルブや軸受はもちろん光学機器用部品や電子機械に適している玉軸受用ステンレススチールボール、耐蝕性・耐酸性に優れバルブ用に適した非硬化ステンレススチールボール、耐錆に優れ一般バルブ用に適した真鍮球。
耐摩耗性はもちろん鉄を使用しないので耐薬品性や軽量性に優れ更に弾性・電気絶縁性の特性を持つプラスチック球は軸受やバルブ等で利用されています。セラミック球はジルコニア・アルミナの酸化物系セラミックと炭化ケイ素・窒化ケイ素の非酸化物系セラミックをそれぞれ使用したものがあり、各素材により耐熱衝撃性・耐薬品性などの特徴があり、各用途に使用されています。

それは、お客様を第一に考え様々なお客様の要望に応え、社会の一員として役立っていこうという大陽鋼球軸受株式会社のモットーが形として現れたものになります。

最新投稿